東京と春の想い出

春が近づいてくるというとちょっと早いですが、でも南国の方ではもう、そういう気配もあるのでしょうね。1月正月は春なんですからね。北国の方ではまったくピントきませんが東京に住んでいる時にはなんとなく分かりました。

qu (3)

 

春になると新しい生活・人生の第一歩が始まるという人も多いと思います。自分も大学を卒業して就職のために東京へ単身で引越しをしましたが、その時に付き合っていた彼女を地元に残しての遠距離恋愛でした。今みたいな携帯やスマートフォンやインターネットがあったら違うんでしょうけれどね、その当時といえば手紙と電話でしたからね。それなりに風情のあることなんでしょうけれどでも、遠距離恋愛というのは辛いものでしたね。

 
ns (33)
 

1000円のテレホンカードを購入して寮の公衆電話から電話をするのですが、度数が落ちてく速度の早いこと早いこと。。あの頃の長距離電話って高かったですからね。NTTさん、相当に儲かったのでしょうね~。自分はそんなに電話をする方ではなかったのですが、同じく遠距離恋愛をしていた同僚の場合は月にテレホンカード代が5万円とかって言っていたやつがいましたね。それなら飛行機乗って会いに行ったほうがいいんじゃない?って会話になったことを覚えています。

 

東京で働いている時には、実に全国各地の出身者との交流を持つことができました。東京都内出身者はもちろん、東北、四国、九州の同僚や先輩といろいろな話をしました。

 

九州出身の先輩の話で「へ~そうなんだあ」と思った会話のひとつに「東京は雪が少ない」ということです。なぜに九州の人が?と思ったのですが、東京よりも雪が降ることが多いそうです。でも近年は当時よりも東京に雪が降ることが多くなったような気もしないでもないですが。自分が住んでいた頃は年に2回くらい降るかな?って程度でしたね。

 
ns (37)

引越ししてゆく時も寂しかったな~、まあ引越しって言っても寮に入るので荷物も少ないし単身ということで何で送ったのか覚えてもいないのですがね。今だと業者に引越し単身パックとか、引越し 東京都内であればワンルームパックなどのサービスもありますから安くて手軽かもしれませんね。いろいろな東京の街で生活をしてみれば良かったかな?と今では思っています。