中山道の宿場町の一つとして有名な東京都板橋区

東京23区北部に位置する板橋区は、かつての武蔵国豊島郡に属する地域です。区域の南側は武蔵野台地の北端となります。荒川沿いは沖積低地となっている地形であります。

qu (9)

板橋区の前身は、中山道の板橋宿に由来するものです。かつて、石神井川に架かっていた板橋がそのまま地名になったのです。1932年に竣工した先代の戸田橋は、当時最先端の技術で建設されて話題となりました。荒川の河川改修の結果で埼玉県側との境界が複雑となっていたため、戦後に旧戸田町の一部が板橋区側へ移りました。

境界変更を記念して荒川で行われているのが、いたばし花火大会と戸田橋花火大会です。東京都内では珍しく、10号玉が打ちあがる大きな花火大会として有名です。 続きを読む 中山道の宿場町の一つとして有名な東京都板橋区

調布市を観光する

東京都調布市は、多摩地区の東端に位置する都市です。三鷹市や世田谷区などと隣接しています。この調布市には、観光名所が数多くあります。

qu (10)

まずは調布八景です。これは1985年に調布市が市制30周年を迎えたことを記念し、公募により選ばれ市内の見どころをまとめたものです。近藤勇の史跡と野川公園、深大寺と神代植物公園、布多天神と市、調布不動尊と國領神社の千年藤、上石原若宮八幡神社とはけの緑、四季の多摩川と花火、実篤公園と記念館、糟嶺神社と明照院、の計8つです。

また調布市は、東京都の中で映画の街としても有名です。日活調布撮影所や角川大映スタジオを始めとして、映画に関わる企業が40以上も集まっています。また、映画の上映会など、映画関連のイベントも多数開催されています。
続きを読む 調布市を観光する

八王子市 高尾山があることで有名

東京都の多摩地方に位置する八王子市は、山地や丘陵地、扇状地、沖積低地などの幅広い地形に囲まれた地域です。起伏のある地形をしている影響で、気候は夜と昼の温度差が激しいのが特徴となっています。盆地のような地形でもあるため、夏の最高気温が35度を超える厳しい暑さが連日にわたって続くことも珍しくありません。

 

qu (1)

人口が約58万人に達する大都市にまで成長した八王子市は、東京都の西部で最大の街です。もともとは養蚕や製糸業が盛んな地域で、桑都とも言われた街でした。養蚕が盛んな上州から横浜港を結ぶ道の中間点に位置していたため、繭の集積地としても繁栄をしていたのです。

進学や就職などでこの八王子に住む方も多いと思います。
続きを読む 八王子市 高尾山があることで有名

府中市は素敵

東京都の府中市は素敵なところです。東京都の府中市というと、何を頭に浮かべるでしょうか。昭和43年の暮れの事件ですから、忘れている人や聞いたことがない人もいるでしょう。実は、3億円事件の舞台なのです。東芝の府中工場の賞与が、警察官の姿をした若者に奪われ、犯人が捕まらないまま時効になったという事件です。

qu (6)

それはさておき、一番のお奨めは大國魂神社です。大國魂大神(おおくにたまおおかみ)をお祀りしている神社で、出雲の国の大国主神(おおくにぬしのみこと)と御同神とのことです。その昔、武蔵野国を開かれ、民に衣食住の道や医療の方法、まじないの術を教えた神様ということで、福の神、縁結びの神、厄除けの神として有名です。
続きを読む 府中市は素敵

江戸城跡を中心とした地域の東京都千代田区

東京都千代田区は、武蔵野台地東端に位置する江戸城跡を中心とした地域です。1457年に扇ヶ谷上杉氏の家宰であった太田道灌が日比谷入江を見下ろす場所に江戸城を築きました。徳川家康が江戸に入府してからは、日比谷入江の埋め立てなどを行って大規模な城郭が形成されていきました。

qu (79)
明治維新後には江戸城は宮城となり、戦後には皇居と名前を変えました。東京都の玄関口となっている東京駅が千代田区の丸の内において開業したのは1914年のことです。
現在は皇居や東京駅周辺が東京都を代表する観光名所となっています。千代田区には皇居があるため、豊かな自然に恵まれています。壮大な規模で作られた江戸城の遺構もよく残っていて、深い堀の景観は特に美しいものです。
続きを読む 江戸城跡を中心とした地域の東京都千代田区