東京都23区の渋谷区のお祭り

東京都23区の渋谷区の行事やイベントは年間を通して数多く行われていて、最近では毎年5月にNHK放送センター主催で、渋谷DEどーもという参加型のイベントが行われていて、入場は無料で、イベントによっては先着順や整理券が必要となる場合があります。

sum (73)

イベントの中では地上デジタル放送の体験コーナーやNHKで放映されている番組の特設ブースの他にもゲームや子供向けの遊びコーナーなどが設けられているので、多くの人が訪れる渋谷区の一大イベントになっています。またFIFAワールドカップの開催される年にはサッカーに関連した公開番組の収録を行って、選手や解説者によるトークイベントも行われます。

 
東京都23区で有数の規模を誇っている渋谷区神宮外苑花火大会は毎年8月に明治神宮外苑で行われていて、主催は日刊スポーツ新聞社です。この大会は1980年から毎年開催されている花火大会で、東京都23区の隅田川花火大会や、東京湾大華火祭と並んで、東京三大花火大会と呼ばれています。

pa1 (28)

もともとは明治神宮鎮座60年記念行事として神宮球場で開催されていて、花火が行われる日になると野球中継の間に球場のバックスクリーン横から打ち上げられる3000発の花火やナイヤガラ花火などで観客を魅了し続けました。現在では毎年の恒例行事となって、神宮球場だけではなく国立霞ヶ丘競技場や秩父宮ラグビー場などの4会場で開催されています。

 
この花火大会は都心部で行われるので、近くに住んでいる人たちは家の中から観覧することが可能ですが、花火の打ち上げ方向や風の方角などによっては近隣の住宅に燃えカスが降り注ぐこともあります。2011年以降は東日本大震災の被災地復興支援チャリティー大会となっていて、日本を元気にする花火というキャッチフレーズが付けられています。